コメントは受け付けていません。

ブランド買取のOKURA(おお蔵)トップ コラム 【バッグを彩る】エルメスのチャーム特集
【バッグを彩る】エルメスのチャーム特集
2022年12月19日

皆様はご自慢のバッグをお持ちですか?
今やバッグは様々な形やモデル、タイプがあることから非常に個性豊かな種類が存在しますよね。その日の気分などファッションに合わせて色と形を組み合わせたり変えたりするのはとても楽しいですし、こだわりたい方も多くいらっしゃるかと思います。

バッグを彩るのは何もデザインだけではありません。すでに形あるバッグに小物や装飾を着けることで、表情も雰囲気もガラリと変わります。特に人気モデルのバッグですと、すでに多くの方がご利用になられているため、同じものを持ってる人と街中でばったりと遭遇することもあったのではないでしょうか?そういう時に自分色にカスタマイズしたりアレンジしたりしてみたいと思った経験が皆様も一度はありませんか?

今回は、そんなメインとなるバッグを更に自分好みにしたい方へ必見の小物をご紹介いたします。
特にトートバッグやハンドバッグをお持ちの方にはピッタリな内容になるかと思いますので、新しいバッグを買うのはお金がかかるし今使っているバッグが好きだから使い続けたい方は是非参考にしてみて頂けると幸いです。
小物一つ着けるだけで新しいバッグを持っているような気分にもつながりますので、是非ご検討してみてください。

早速行ってみましょう!!!

 


●バッグに自分好みの個性を吹き込む小物たち

早速ですが、バッグによく使用されている小物をご紹介いたします。
最もよく見る種類として、チャームとスカーフの2種類がございます。チャームはバッグの取っ手部分に着けるキーホルダーのようなアクセサリーを指しており、バッグブランドでも数多く展開されている人気の小物です。スカーフは首に巻いて防寒の為に使用するものですが、一部スカーフには長細くてみじかくなっている専用の物がございます。そちらを取っ手部分に巻いたり、付け根の部分に縛るなどして使用することが出来ます。

チャームとスカーフは共に素材や形だけでなくコンセプトが全く異なるタイプのものが多く、アクセントとして着けること以外にも気分を楽しむことが出来て、なおかつ取り外しが簡単なので多くの方が着けています。バッグ本体と同じ色で合わせる方もいれば、指し色として別の色を入れて楽しまれる方もいらっしゃいますので、お好みでいろいろと付け替えてみても面白いかと思います。

今回はチャームの種類やデザインが豊富かつ高い人気を誇るエルメス(HERMES)のチャームにスポットを当てていくつかご紹介いたします。

・ロデオ

まずは最も人気のあるチャームからご紹介いたします。
最高級にして最高峰の品質を持つバッグブランド、エルメス。バッグブランドというだけあり、扱っているチャームの種類はトップクラスであります。数ある種類の中に存在するバッグチャームのロデオは、エルメスのチャームシリーズでは定番の人気商品であり、物によっては非常に珍しいモデルも存在します。

エルメスは元々が馬具を扱うメーカーとしてスタートしたという歴史があり、定番であるバーキンにはベースとなったオータクロアというバッグがあり、それは元々が乗馬の際に使用する鞍(くら)を入れるためのものでした。こういった実例から、エルメスでは馬に関連する名前の商品や形を模した商品が多くあります。ロデオはまさに馬具を扱っていたエルメスらしいデザインであり、歴史そのものを形をしています。シンプルな馬の形をしたチャームではありますが、そこにはしっかりとエルメスのこだわりが盛り込まれています。

まず素材ですが、エルメスといえば上質な牛革を使用した商品が中心でありメインとも言えます。ハイクラスのモデルとなるとワニ革であるクロコダイルやトカゲ革のリザード、ダチョウの革を使用したオーストリッチといったエキゾチックレザーがありますが、ロデオにはこれらが使われておりません。ロデオで使用されている生地は、アニョーミロというシルクのような柔らかさとしっとりした手触りをしたラムスキンが使用されています。ラムスキンはシャネルのマトラッセなどで使用されていることでも有名なヒツジの革のことです。
ただラムスキンを使用しているだけでなく、張り合わせたラムスキンの中に綿を入れることでふんわりとした膨らみと感触が生まれてクセになってしまう気持ちのいい触り心地が楽しめます。

ロデオにはサイズが3種類存在しており、小さい順にPM<MM<GMとあります。PMは手のひらサイズほどの大きさで非常に可愛らしいサイズ感をしています。MMは大きすぎず小さすぎないサイズでどのサイズのバッグにも相性が良い特徴があります。GMは横幅がスマートフォン並みの大きさがあり、大きめのバッグに着けるとその存在感が薄れることなくしっかりとアピールすることが出来ます。
一色で統一したものは種類が少なく、様々な色の組み合わせによるカラフルなものが大半を占めているため好みも分かれやすいので被る可能性もかなり低いです。併せて人気商品であることもあり、購入できる機会も比較的少ないことからもし購入が可能な機会があれば即購入しておくのが良いと思います。

昨年の2021年にはロデオの新しいモデルであるロデオ ペガサスが登場致しました。ペガサスは従来のロデオに付いていた鞍の部分が羽になっており、モデル名通りのペガサスを模したデザインとなっています。突如の登場にも関わらずその可愛いデザインと存在感が注目を浴びて一気に品薄状態になるほど人気を得ました。登場当時に比べて現在は大分落ち着きを取り戻しつつありますが、通常のロデオ同様に依然として入手困難が続いております。

・ケリーツイリー

上記にありますロデオがエルメスや他のブランドを含めたチャームの中でトップの人気を誇るモデルですが、出回りが少ないことから存在を知らない方がいらっしゃるチャームというのも存在します。
その中の一つが、こちらのケリーツイリーというモデルです。ケリーツイリーは、こちらも文字通りですがエルメスの定番モデルにして大人気のバッグであるケリーシリーズの形をしたチャームであり、ツイリーとは後程詳しくご説明致しますがエルメスのバッグや手首に巻いて楽しむスリムタイプのスカーフです。

チャームではなくツイリーという名前にはなっておりますが、使用用途はチャームと同じになります。よく見るとケリーの取っ手部分に小さなツイリーが巻かれており、そこから伸びているのがチャーム部分となります。ロデオのようなラムスキンではなく、ケリーやバーキンに使われているエルメスが得意とする上質なレザーを使用しているため、まさに小さなケリーとも言えるほどしっかりと作りこまれております。
実際のケリー同様にフラップを外して開くことも出来るため、バーキンやピコタンといったバッグに着けることで周りからの目を多く引き付けるほどの魅力を持っているため、シーズンに合わせて使い分けたり組み合わせるバッグを変えてみたりと楽しみ方が多くある遊び心溢れるチャームです。

ケリーツイリーはロデオ以上のレアチャームであり、弊社OKURA(おお蔵)でも2022年10月現在では取扱点数が非常に少ない商品です。私が銀座の店頭でお客様対応をさせて頂いている際に、ケリーをご購入頂いたお客様からケリーチャームのことを何度か聞かれましたが、中々ご案内が出来ずにいました。お客様自身も希少性の高さをご理解されていたようで『やっぱりないですよねぇ…』と残念そうにされた際には相当の人気を誇っているのだと実感いたしました。
希少性の高さから弊社でも販売価格が他ブランドの新品バッグ程の価格にはなってしまいますが、買取でお持ち込みいただくことや仕入れで入荷する機会が非常に稀であるため入荷情報を発信しますとすぐにお問い合わせが入ることも往々にしてございます。

ケリーツイリーは2020年の秋冬頃に存在が確認されたばかりで、本体価格もチャームの中では恐らくトップクラスの高さでもありますのでかなり狭き門にも感じます。チャーム一つに数十万というのは決して易々と手が出せるものではありませんが、いつの日かご自身のバッグの相棒として持てる日が来たときは、どうか末永くお使いください。それくらい貴重で素晴らしいアイテムです。

・サックオランジュ

エルメスのショッパー(買い物袋)はエルメスの象徴色であるオレンジとロゴが入ったデザインなので、一目見ればエルメスだとわかる非常に特徴的なものですよね。
そんなエルメスのショッパーがチャームになると、このように非常に愛らしいデザインとサイズ感になります。色も本来のショッパーと同じオレンジ色をしており、エルメスではこの色を『フー』と呼んでいます。

エルメスの象徴色であるフーを使用したチャームということで、登場した2019年から瞬く間に人気となり、遊び心のあるデザインが話題を呼びすぐに完売となってしまったそうです。その年や数量限定での販売ではなかったそうですが、やはりエルメスといったことなのか数はとても少ないようです。近年のエルメスからは多数のバッグチャームが登場しており、そのほとんどが爆発的人気を誇っています。年々流通数は増えているとは思いますので、登場当初に比べるとお買い求めやすくはなっておりますが、一部商品はプレミア価格が付くなど入手困難な状況はまだ続くことが予想されます。

登場した翌年の2020年には新色が登場致しまして、ラズベリーのような色合いをしたローズメキシコというお色があります。ローズメキシコ自体が2020年の秋冬シーズンの新色でもある為、同じ色のバーキン・ケリーを始めとしたバッグや財布のような小物まで登場しています。当時は様々な事情により流通が例年のように上手くいかなかったこともあり、中々お目にかかれませんでした。現在では緩和傾向にありますが、ここ最近の傾向ですと今後も新作が登場することが予想されますので、展開次第ではその時期の新色やエルメスの定番色での登場も十分にあり得る内容ではないかと思います。

同時期に上記にありますケリーツイリーやロデオ ペガサスなど、エルメスではバッグチャームの新作が連続しており、今後の新作登場にも非常に注目されているジャンルでもあります。逆を言えば、今後の展開次第ではいつ廃盤となってもおかしくはないため、廃盤となってしまった場合は現在の金額よりも高騰しやすい傾向にあるのがブランド品の為、今のうちにお買い求めいただくとより長い期間楽しむことも可能となります。

・プティアッシュ

リアリティがあって今にも動き出しそうなデザインをしているこちらのプティアッシュというシリーズのチャーム。
プティアッシュは2010年頃より登場したシリーズで、プティとはフランス語で「小さい」という意味があり、エルメスの頭文字である「H」を記すことで「小さなエルメス」という意味を持たせたネーミングとなっています。プティアッシュはエルメスで製造されている革製品の製造過程で発生した余ってしまった革や使用できなかった部分や傷がついてしまった部分を使用しており、アーティストやデザイナー、職人たちが独自のインスピレーションを元にデザインを決定して製造しているそうです。

余った革や使用できない革と説明いたしましたが、エルメスが常時使用している最高品質の生地を使用していることは確かであり、そこからエルメスの新たな世界観と命を吹き込むという思いから始まったコレクションです。様々な素材を組み合わせ、独創的なデザインへと生まれ変わった商品は小物だけでなくバッグやアクセサリーなどでも展開されており、躍動感のある動物のデザインや自然実溢れる植物のデザインなど種類も豊富なのでお好みのものが選びやすいというのも特徴です。
また、プティアッシュはチャームの紐部分がシルク素材のスカーフとなっており、エルメスにあるカレのような綺麗で鮮やかな配色が更にアクセントをつけてくれます。

今回ご紹介したチャームの中でプティアッシュは比較的安価なモデルでもあります。手が届きやすいチャームでデザインも豊富、素材も超一流のエルメスが使用する最高品質の牛革ということでコストパフォーマンスは他のチャームの中でも抜群に良いです。希少性も決して高いわけではないので検索にもそこまで苦労はしないかと思います。
ロデオやケリーツイリーのような高級感という観点では劣るかもしれませんが、デザインや愛らしさといった柔らかな雰囲気を感じさせてくれるため、様々なバッグとの相性も良いでしょう。普段使いで使用されているようなカジュアルで動きやすいバッグなどに着けて頂ければ、ワンポイントとしても非常に最適なアイテムです。シーンや季節、イベントに合わせて使い分けて楽しむのもいいでしょう。

エルメスのチャームには他にもパドック、ジージー、アニマルチャーム、オランナノ、カルメン、等々の個性豊かな種類があります。

パドック・・・馬の蹄(ひづめ)を模したチャームで、こちらもエルメスらしい馬をモチーフにしたチャーム。

ジージー・・・凛々しくも可愛らしいシマウマをデザインしたチャームで、ディテールにこだわったつくりをしている。

アニマルチャーム・・・様々な種類の動物の顔を可愛らしくデフォルメしたデザインが特徴のチャーム。

オランナノ・・・エルメスの人気アイテムであるオランというサンダルをモチーフにしたチャーム。

カルメン・・・ラムスキンを使用したフリンジ型をしたチャームで、シンプルなデザインが特徴。

これらのチャームは同じブランド同士に着けなければいけないというわけではない、と私個人は思います。チャームは通常のバッグに指し色を入れたり、雰囲気を変えたり、その日の気分でバッグの表情を変えるためのアクセサリーやお化粧と同じような物である私は考えます。普段使いのバッグにエルメスのチャームをつけるだけで気分が変わり、気分が変われば日々の過ごし方も変わるはずです。

バッグ然り、アクセサリー然り、ほんの一つが変われば世界も変わります。そういった世界観の演出をしてくれるのが、高級ブランドとしての一つの使用価値でもあり存在意義ではないでしょうか?

●総括

いかがでしたでしょうか?
エルメスのチャームはどれも個性的かつ独創的なため、バッグを引き立たせる最適なアイテムが数多くあります。デザインだけでなく展開している色が豊富なこともあり、まさに組み合わせは愛用されている方次第に変幻自在な表現ができます。
皆様もお持ちのバッグにお好みのチャームを着けて様々な表現を取り入れてみてはいかがでしょうか?

投稿者プロフィール

小山 亮介
OKURA事業部、販促企画担当。
大学卒業後、接客業を経てOKURAへ入社。
youtuberの時計企画で時計の魅力に染まり、店舗在籍時は時計担当に従事。
好きなブランドはウブロ、ヴァシュロン・コンスタンタン、ランゲ&ゾーネ、ロレックス
OKURA(おお蔵)は
相談料・査定料が無料!
はじめての方でもお気軽に
ご連絡ください!
mail
出張買取お申し込み
出張料・査定無料!
delivery kit
宅配キット申し込み
宅配キットは無料!
line
LINE査定
お手軽!カンタン!
phone
0120-096-905
お電話でもご相談受付中!